相模原 町田 座間 ALC外壁塗装

14/04/07

相模原市上鶴間での外壁塗装

相模原は上鶴間で行った外壁塗装。
目地は劣化し、痩せています。どうやら新築のときの打ち込んだシールが薄かったようで、ぶちぶちと切れています。屋根も苔や藻がひどく付着しています。
ここの屋根は、かなりひどい方。油断すると足を滑らせて、下に落ちてしまいそうです。

近くには小学校があるので、たびたび子供のにぎやかな声が聞こえてきて、作業の合間に少しだけ癒されます。
住宅街なので、すぐ隣には住宅が見えます。洗濯物も干していますので、メッシュは二重にかけますが、万一のことを考えて高圧洗浄の日には外に干さないよう、お願いをする場合もあります。

10年もたてば、雨抑えを止めていたクギが飛び出ていることも少なくありません。今回の住宅も例にもれず、クギが飛び出していました。
鉄部のケレンの際、一つ一つ打ち込んでいきます。

雨どいの中は、藻や土が詰まりきって、植物が育ってしまっている状態でした。
ここもすべて洗浄をして取り除きます。

塗装が終わった屋根は艶やかで、苔と藻で覆われた緑っぽくなってしまっていた屋根が、綺麗な黒に仕上がっています。サーモアイ遮熱塗料を使用したのですが、屋根の縁切りは必要ありません。
多くの場合、縁切りは必要ないのですが、まれにスレートの隙間が狭い住宅や、キルコートなど肉厚になりがちな塗料を使用すると埋まってしまうので、必要に応じてやらせていただくこともあります。

傷みきっていたシールも、肉厚二液シールに打ちかえて、上から塗装を重ねたおかげでしばらくはひび割れもしないでしょう。すっかり生まれ変わった白い外壁は、黒い屋根とのコントラストと艶やかな外壁で、まるで新築に生まれ変わったかのようです。

お問い合わせ

対応クレジットカード一覧

無料お見積りはこちら

塗装職人の動画

Tポイント貯まります

いいね

わくわく塗装体験ブログ

Google